• うおっ!な
    魚津旅情報

    @北陸・魚津市観光協会公式

うおっ!な魚津旅情報
@魚津市観光協会公式

  • うおっ!な
    魚津旅情報

    @北陸・魚津市観光協会公式

home 魚津ライブラリ 僧ヶ岳の雪絵

魚津ライブラリ
UOZU Library
\ 魚津の基本情報はすべてココにある /

僧ヶ岳の雪絵

季節を告げる風物詩

名前の由来になった「尺八を吹き、馬を引く僧の姿」

名前の由来になった「尺八を吹き、馬を引く僧の姿」
僧ヶ岳の雪形(雪絵)は、季節を告げる風物詩として魚津市民にも親しまれ、かつては農耕や川の水量の目安とされていました。雪形として全国的にも評価されています。
雪形、雪絵とは、山肌の残雪やそこから覗く岩肌などの形を、人物や動物などの形に例え名前がつけられたものです。
雪形の名前が山の名前の由来となったものも少なくありません。魚津市民に親しまれる僧ヶ岳も残雪で縁取られた山肌が「尺八を吹き、馬を引く僧の姿」が現れることからその名がつきました。かつては「僧馬岳」という名も使われていました。また、僧ヶ岳の雪形は進行過程により、初期・中期・完成期・末期と変化が見られ、その過程によって僧や馬の他に、山肌で縁取られた「白い兎」、残雪と山肌が混交した「鶏」などもみられます。初期には、「僧」の後ろに「大入道(虚無僧)」と「猫」の雪形が現れるが、やがて「大入道」と「猫」が融合して「馬」になります。このように、僧ヶ岳の雪形は刻々と変化します。

■僧ヶ岳の雪形は、全国的にも評価されていますが、その理由として、次のような点があげられます。
1.三つ雪形の基本が揃っている。(残雪の雪形、山肌の雪形、残雪と山肌の混合)
2.雪形の種類が豊富である。(兎、僧、虚無僧、猫、馬、猪)
3.雪形が刻々と変化する。(三つのタイプ)
 ・単独で変化する。(僧の上と下が離れているのがつながる。)
 ・複合する。(僧が袋を担いでやがて馬を引く)
 ・融合する。(大入道と猫がくっついて馬になる)
4.雪形の変化を農耕などの目安にする。
5.水系で雪形の名前が異なる。
(馬の素地という見方、虚無僧と猫に分けて見る見方などがある)
6.水系(布施川流域、片貝川流域)で目安が異なる。(農作業の目安、灌漑用水の目安、水遊びの目安など)
7.雪形には物語がある。

参考文献等
新川広域圏 水博物館構想推進室 HP
僧ヶ岳雪絵について 日本海学講座2000年5月13日富山県民会館
1、富山の雪形とその伝承 講師:長井真隆(前富山大学教授)

TRIVIA
【仏ヶ嶽】
僧ヶ岳は山岳仏教の聖地として開山され、昔は『仏ヶ嶽』とも呼ばれていたそう。僧の姿が見られるのも縁でしょうか!?

【伝説】
伝説では『馬を引いて魚津の町を歩いていたお坊さんがものすごい風で吹き飛ばされ、馬と一緒に僧ヶ岳にたたきつけられて貼りつけられた。』という話もあります

【水量の目安】
市内を流れる片貝川はかつて水不足に悩んでいて、雪形を水量の目安にしていました。「猫」が「大入道」の肩に手を掛ける時期が5月31日よりも早かったら干ばつになる恐れがあるとされたそうです

Information

その他 【施設・設備】撮影スポット

関連情報

Information

Copyright © 2020 Uozu Tourism Association Co.,Ltd All rights reserved.