• うおっ!な
    魚津旅情報

    @北陸・魚津市観光協会公式

うおっ!な魚津旅情報
@魚津市観光協会公式

  • うおっ!な
    魚津旅情報

    @北陸・魚津市観光協会公式

home 魚津ライブラリ 魚津埋没林博物館

魚津ライブラリ
UOZU Library
\ 魚津の基本情報はすべてココにある /

魚津埋没林博物館

神秘の館 ねっこランド


魚津埋没林博物館は“埋没林”、“蜃気楼”という自然の神秘に触れることができる博物館です。
通称「ねっこランド」とも呼ばれ、国の特別天然記念物の埋没林をその場で保存、展示しています。
エントランスホール、テーマ館、水中展示館、乾燥展示館、ドーム館に分かれており、テーマ館の2階ハイビジョンホールでは日本海側最大級の300インチハイビジョンスクリーンで大画面に映し出される迫力の蜃気楼や美しい魚津の自然の風景をご覧いただけます。水中展示館では出土した埋没林をその場所で体感でき、乾燥展示館では埋没林に直接触れることもできます。

カフェ“KININAL”

カフェ“KININAL”
魚津埋没林博物館は、隣接した「海の駅蜃気楼」などとともにみなとオアシスに登録されています。また博物館を含む周辺が「蜃気楼展望地点」として市指定の名勝になっています。
海の駅蜃気楼などがある魚津港周辺とマリンゲートで繋がっており、相互アクセスに便利です。(ただし冬季間12月1日~3月中旬は閉鎖) 同館の蜃気楼の丘から展望を楽しむこともできます。
平成30年4月のリニューアルでは、キッズスペースやカフェ“KININAL”が併設され、フルーツをまるごと使ったフォトジェニックなスイーツが並んでいます。
参考文献等
魚津埋没林博物館HP

半地下式のドーム館は、実際に平成元年に発掘調査が行われた場所で、埋没林の発掘現場にそのままフタをかぶせたような形になっています。
壁面には現在の海面のレベルが表示してあり、2000年前の地表面と現在の海面の高さを比較することができます。また、水中展示館のプールも昭和27年に発掘された場所をそのまま利用してあり、中の樹根は当時のままの場所にあります。
まさに、ここにあったということを実感することができます。

【特別天然記念物】
魚津埋没林は、昭和30年に特別天然記念物の指定を受けています。
天然記念物は、動物、植物、地質鉱物の中で重要なものが指定され、そのうち特に価値の高いものが特別天然記念物に指定されます。令和3年1月現在、国指定天然記念物は全国で955件あるのに対し、特別天然記念物は75件しかありません。

【日本の地質百選】
魚津埋没林は、2007年5月10日、日本の地質百選選定委員会によって「日本の地質百選」に選定されています。

Information

開催日時 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日 12月1日〜3月15日までの木曜日(木曜日が祝日の時は開館)、年末年始:12月29日〜1月1日
カフェ“KININAL”は木曜日定休(通年)
場所 魚津市釈迦堂814
交通アクセス 魚津ICより 3km 車で約10分
あいの風とやま鉄道魚津駅より 1.5km タクシーで約5分、 徒歩で約25分
市民バス 市街地巡回ルート(東、西回り):海の駅蜃気楼で下車
駐車場 100台(内2台が障害者用)、大型バス5台
運営主体 魚津埋没林博物館
TEL/FAX TEL 0765-22-1049/FAX 0765-23-9105
Web/SNS 魚津埋没林博物館 https://www.city.uozu.toyama.jp/nekkolnd/
その他 【施設・設備】トイレ、身障者トイレ、バリアフリー完備、喫煙スペース、売店、赤ちゃんベッド、撮影スポット、レンタルサイクルあり

関連情報

Information

Copyright © 2020 Uozu Tourism Association Co.,Ltd All rights reserved.