• うおっ!な
    魚津旅情報

    @北陸・魚津市観光協会公式

うおっ!な魚津旅情報
@魚津市観光協会公式

  • うおっ!な
    魚津旅情報

    @北陸・魚津市観光協会公式

home 魚津ライブラリ せり込み蝶六・せり込み蝶六踊り街流し

魚津ライブラリ
UOZU Library
\ 魚津の基本情報はすべてココにある /

せり込み蝶六・せり込み蝶六踊り街流し

日の丸の扇子を両手に蝶の様に舞う、せり込み蝶六

富山県を代表する民謡の一つ「せり込み蝶六(せりこみちょうろく)」

富山県を代表する民謡の一つ「せり込み蝶六(せりこみちょうろく)」
“せり込蝶六”は、江戸時代、全国に口説を広めた、越後の瞽女(ごぜ)達により伝えられました。
それを、地元の先名米次郎、中森重次郎により、毎年お盆になると、お寺やお宮の境内で、笠や提灯などを持ち、先祖の御魂を祈り、豊年を祈願して、踊り明かしたのが始まりです。

”せり込み蝶六”の踊りの基本は、念仏・祈り・感動・喜びからなる、踊躍歓喜(ユヤクカンギ)であり、扇子を持って踊る理由も、末広がりで、めでたいからと言われています。
激しい音頭のリズムに合わせて踊るこの踊りは、まるで、極楽蝶が舞うかのようで、その名前がつけられたと伝えられています。

「じゃんとこい魚津まつり」のメイン行事の一つ

「じゃんとこい魚津まつり」のメイン行事の一つ
また、昭和21年富山県民謡大会において、村木地区の火の宮青年会が出場し、当時の民謡研究家で、審査員をつとめた、故町田嘉章氏が、せり唄と瞽女唄の口説を合わせ、「せり込み蝶六」と命名されたとも、音頭取りと踊り手が競り合う様子を、言い表したとも言われています。
”せり込み蝶六踊り街流し”は、8月第1金、土、日に行われる、「じゃんとこい魚津まつり」のメイン行事の一つとして、最終日の日曜日の夕刻から開催されます。 街流しは、地区や企業、団体などのチームごとに、趣向を凝らして踊られ、祭りの最終日を飾ります。

伝統文化の継承

伝統文化の継承
「じゃんとこい魚津まつり」の行事として行われる、”せり込蝶六踊り街流し”は、昭和45年の開催当時は、約500名の参加でしたが、年々参加者が増え、現在では、市内外の企業、団体、地区などから約2,500名が参加しています。
参加チームの街流し終了後に行われる、魚津せり込蝶六保存会による模範演技をもって、じゃんとこい魚津まつりの終焉となります。
伝統文化の継承として、市内の小学校で、”せり込蝶六踊り”を児童に教えているので、魚津で育った者は大抵この踊りを踊ることが出来ます。

TRIVIA
【民謡】
現在の蝶六の曲目は主に「古代神」と「ちょんがら」による二段構成で、最後に「輪島」という石川県輪島市から伝わった民謡で閉められます
【ござ】
かつてはどこの地区でもお盆には盆踊りが行われ、輪になって踊られた踊り手の内側には「ござ」見物客が楽しみました。それが絶好の嫁選び、婿選びの場だったそうです
【胡弓】
蝶六をはじめ富山県には民謡の多くに胡弓が入っているがその理由は義太夫節や越後瞽女の影響で胡弓の名人が多かったからと言われています

Information

開催日時 8月第1日曜日(せり込蝶六踊り街流し開催日)
場所 魚津市大海寺新503
交通アクセス 開催場所 22m通り(魚津市中央通り、双葉町付近)
駐車場 あり
文化財指定など 市指定無形民俗文化財(昭和38年4月1日)
運営主体 魚津せり込み蝶六保存会
TEL/FAX TEL 0765-24-8614
Web/SNS 魚津せり込み蝶六保存会 http://serikomi.uozu.net/

関連サイト 令和3年じゃんとこい魚津まつり情報>
その他 【施設・設備】駐車場あり

関連情報

Information

Copyright © 2020 Uozu Tourism Association Co.,Ltd All rights reserved.