• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 祭り イベント
  • 特産品・土産品

松倉もちより市・銀座ワイワイ市・山の駅もくもく野菜市
うちの畑でとれた野菜、持ち寄ったよ!

もりより市メイン画像

その他の写真

山の駅もくもく野菜市
山の駅もくもく野菜市
もちより市2
もちより市4
もちより市5
もちより市6
もちより市7
もちより市9
もちより市8
もちより市10
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

”松倉もちより市”は、サルなどによる中山間地の農作物被害に立ち向かうと共に、野菜直売市で、地域に元気を取り戻そうと、2005年4月から「観音堂スーパー道路沿いの観音ゴルフ場駐車場内」で始まりました。
安全で新鮮なものを食べたいという街の方々に大変好評で、お目当ての商品を求め、開店前に行列ができるほどです。
切花や手作り豆腐、草餅、お惣菜もおいしく、人気商品はあっという間に完売してしまいます。また、お魚屋さんなどの出店もあり、色々な食材を買うことができます。
平成20年より、銀座通り商店街にある日本海電業倉庫で”銀座ワイワイもちより市”として定期的に開催するようになり、お客様や商店街の要望から平成21年10月より夕市も開催するようになりました。
平成24年4月にはもちより市の運営から離れ「銀座ワイワイ市」として活動しています。



【 『山の駅もくもく』野菜市 】
5月~11月の毎週土曜・日曜日
朝8:30~なくなり次第終了

地元のきときとで安全な野菜他切花や漬物、お菓子など、安く安心してお買い求めいただけます!!
山の駅もくもくは魚津市の西部中山間地の地域活性化、魚津もくもくホールの周知と利用者増大を目的に、平成22年より魚津もくもくホールラウンジで5月~11月の毎週土・日曜日に開催されております。
魚津もくもくホールの高台から見る景色は、北は富山湾、南は立山連峰を見渡すことができる、素晴らしい展望です。
山の駅もくもくへ持ち込まれる野菜類はそのほとんどが、周辺の農家の方たちが大切に育て、その日の朝収穫された新鮮野菜で、その季節の野菜を安心して安くお買い求めいただけます。
また、ラウンジでは生産者のお母さん方が集い、お客様との交流を楽しみながらレシピなども伝授してくださってます。
週末はぜひ、魚津もくもくホール『山の駅もくもく』へお越しください!!

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

【銀座ワイワイ市】
開催日:毎週水曜日(午前10時~)通年通して実施
     毎週金曜日(午後4時30分~6時ごろ)1月~4月休止

【松倉もちより市】
開催日:毎週日曜日(8時30分~)1月~4月休止

【山の駅もくもく野菜市】
開催日:5月〜11月の毎週土曜日・日曜日
朝8:30〜なくなり次第終了

基本情報

所在地 魚津市観音堂1160番地(松倉もちより市)/魚津市下椿8番地(山の駅もくもく野菜市) 
TEL/FAX 0765-33-9880(松倉もちより市)/0765−22−0909(山の駅もくもく野菜市)/−
開催時期・時間松倉もちより市:5月~12月
銀座ワイワイ市 金曜、夕市:5月~12月
銀座ワイワイ市 水曜、朝市:通年
山の駅もくもく野菜市:5月~11月毎週土日
交通アクセス情報銀座ワイワイ市:魚津ICより 車で5分
     あいの風とやま鉄道魚津駅より 車で7分
松倉もちより市:魚津ICより 車で10分
     あいの風とやま鉄道魚津駅より 車で15分
山の駅もくもく野菜市:魚津ICより 車で8分
     あいの風とやま鉄道魚津駅より 車で15分
市民バス銀座ワイワイ市:上野方ルート 真成寺町
松倉もちより市:日曜運休
山の駅もくもく野菜市:中島ルート 魚津もくもくホール(日曜運休)
駐車場銀座ワイワイ市 : 若干   松倉もちより市 : 20~30台   もくもく野菜市 : 70台
関連サイト魚津もくもくホール
運営主体松倉もちより市、銀座ワイワイ市、魚津もくもくホール
施設・設備
駐車場ありトイレあり軽食・喫茶ありおみやげ売店
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献
記録・ランク
調査対象者
取材元
島澤弥生
調査日 2011年12月27日
調査担当者 梶谷 由樹
その他特記事項

まめ知識

【安心安全】
商品を包む袋には生産者さんの名前がひとつひとつシールを貼られています
【エコ】
環境に配慮し、商品を入れる袋はお渡ししていません。マイバックをご持参下さい
【山菜】
スーパーで見かけない“山菜”など地域独特の野菜も主婦のベテラン、お母さんやおばあちゃんから美味しい料理方法まで教えてもらえるので、気軽に聞いてみよう!

関連情報