• 観光基本情報

魚津観光基本情報

四季ベストスポット

ホタルイカ 蜃気楼
しんきろうシーズンは、 しんきろうロード途中の 灯台塚のパーキングへ 行ってみよう。地元の おじさまたちがいろいろ 教えてくれるかもよ!

春 3●4●5月

 魚津の春はほたるいかの到来ではじまります。
普段は深海に暮らすほたるいかは、産卵のために3月下旬から初夏にかけて富山湾の海岸近くに上がってくるのです。お馴染みの発光した姿はは夜遅い時間条件がそろわないと見ることが出来ませんが、この季節、魚津水族館で特別展示しています。また、お隣の滑川市「ほたるいかミュージアム」でも鑑賞することが可能。
 そして雪解けが進むころから春の蜃気楼が頻繁に現れます。出現時間は数分の短いものから何時間にもわたることも。
必ず巡り会えるとは限りませんが、天気の良い暖かく波のあまりない日が比較的出現しやすいので、自分の運を信じて「しんきろうロード」へ行ってみて。シーズン中は蜃気楼出現予報もチェック!
 5月の連休の頃には、しんきろうロードから海ではなく山の方に目を向けて見て下さい。僧ケ岳に現れる雪形がきれいに見ることができますよ! この雪形、さてあなたには何に見えるかな?

【春のイベント情報】

春の立ち寄りスポット

ミラージュランド/サマーナイトフェスタ
洞杉群
たてもん祭り、会場花火大会
夏の市内観光は レンタサイクルが便利! まずは駅前観光案内所へ 行って情報を収集してみて。 洞杉群はまるで「トトロ」 の森だよっ!

夏 6●7●8月

 魚津でとれる「岩がき」は夏がきとも呼ばれ夏が旬、20cmもある大きな殻の中には瑞々しく大きな身が入っていて超おいしい!コラーゲンたっぷりの深海魚「幻魚(ゲンゲ)」のシーズンも夏です。そんな魚津の魚を自ら釣り上げてみることができるのが経田漁港にある「海上釣り堀」。定置網でとれた魚をそのまま生けすに放してあるので、正真正銘の地元産です! レッツトライ!
 魚津の標高500〜700メートル付近の自然豊かな南又谷流域には「洞杉群」と呼ばれる樹齢500年以上の天然スギの巨木群が見られます。このエリアを歩いて自然散策はいかがでしょうか。大きな岩を抱くその独特の姿にパワースポットのような力を感じたりするかもしれませんね。近くにある、山ノ守キャンプ場や雨乞いの石として知られる「蛇石」も要チェック!
 魚津を代表する夏の風物詩「たてもん祭り」。この2日間だけのお祭りは、大漁祈願の漁師さんのお祭りだけあって、迫力満点! 市中をよく見ると、この「たてもん」色々なところにデザインされていたりします。原寸大のたてもんはありそドームにも常設展示されているのでその大きさがよくわかります。また、ありそドームの展望台からは海や山、市街地の様子を眺めることもできます。

【夏のイベント情報】

夏の立ち寄りスポット

米騒動の米蔵
東山円筒分水槽
海岸より夕日
日本人なら、 やっぱり「秋は夕暮れ」。 通年美し〜海沿いも、秋の 日没は格別!カップルは 有磯SA(下り)から の眺めも外せない!

秋 9●10●11月

 実りの秋、魚津産こしひかりも収穫の時期ですね。お米といえば、ここ魚津は教科書にも出てくる「米騒動」発祥の地で今もその米蔵や銀行の社屋が残されています。この付近の海岸沿いのエリアには上杉の悲劇とも呼ばれた「魚津城の戦い」の舞台となった魚津城址など歴史スポットが点在しています。歴史ロマンに身をはせ史跡めぐりをするのも一興でしょうか。山手の方へ少し足を延ばせば、標高450mの松倉城址からの眺望もグッドですね!
 魚津産のリンゴは庭先販売でゲット!が魚津市民の常識。知る人ぞ知る魚津ブランドの代表格「加積りんご」や「友道の梨」は農家の庭先で販売される採れたてがおすすめです。
 JRで魚津に降り立った方は、まずはJR魚津駅前にある「魚津のうまい水」が飲める水飲み場へ!故池田弥三郎教授が日本一うまいと折り紙をつけた水を飲んで魚津を感じて下さい。水といえば魚津には日本屈指の急流河川「片貝川」の清流やネット上で「日本で一番美しい」と評される東山円筒分水槽など水スポットが沢山あります。美しい水の流れを眺め癒しの時間を過ごすのはいかがでしょうか。

【秋のイベント情報】

秋の立ち寄りスポット

鮮魚
冬景色
冬の魚津は、海岸部や 市街地は雪はさほど多く なりません。気温は低くても 氷点下1〜2度。 日本海側は湿度があるから 優しい寒さです!

冬 12●1●2月

 雪が降ると、立山連邦や魚津の僧ケ岳毛勝山などの山々が真っ白に雪化粧されます。良く晴れた日、市内から見えるそのパノラマはまさに絶景!地元の者でもつい見とれてしまいます。魚津に来て美しい山並みが見られるとちょっと得した気分になりますよ。
 冬はなんといっても魚が美味しい季節ですね。魚津で採れるお魚はどれも美味しいですが、魚津ブランドになりつつある冬の味覚「寒ハギ」がおすすめ、そのきれいな白身と肝を合わせて食べると絶品です。魚津市内には飲食店が沢山あり、特に駅前周辺の「柿の木割り」エリアには200店程のお店が集中していて、魚津の味覚を存分に味わえます。
 それとやっぱり寒い冬につきものといえば、「お風呂」ですね。魚津市内には温泉や鉱泉などのお宿や、銭湯などの日帰り湯も意外と多く、ゆっくり宿泊、ささっと温泉などいろいろなプランで楽しめますよ。

【冬のイベント情報】

冬の立ち寄りスポット