• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 史跡・歴史
  • 祭り イベント
  • 自然 景勝地

松倉城跡
越中最大級の山城

松倉城址

その他の写真

松倉城跡
入場の門広場
松倉城跡からの眺め
no image
no image
no image
no image
no image
no image
no image
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

”松倉城跡”は、魚津市南部の松倉山(鹿熊山)山頂(標高430.9m)にある、県内最大級の連郭式山城跡です。
山頂部には、空堀で区切られた五つの郭が南北に並び、その周辺部には多数の平坦地や空堀などが設けられており、長さが1キロメートルにも及ぶ巨大な城郭です。
三方は急斜面を呈した天然の要害で、さらに城の周辺には支城や砦跡と考えられる遺跡が十数個所発見されており、越中で最大規模といわれています。
築城は南北朝期の14世紀前半と推定され、幾多の武将がこの城を巡って争い、戦国末期の16世紀末までの250年の長期にわたって、新川群の要としての役割を果たしていました。
背後に控える松倉金山は、室町から江戸時代に金の採掘が行われ、その経済力で中世には勢力を誇りました。松倉城の繁栄は、金山の経済力が大きかったと考えられています。
上杉謙信に攻め落とされるまで、新川地方を統治していた武将椎名康胤(しいなやすたね)が城主を務めていました。魚津城が新川地方の中心となってからは、政治的、軍事的役割は低下しました。

参考文献等
魚津の文化財 松倉小学校HP

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

春の松倉城跡は、城跡へつづく階段を登りきると一帯がサクラで彩られています。昭和の初めに植えられたヤマザクラ111本が始まりです。植えてから約70年あまりが過ぎた現在では40本ほどが残っています。
『富山さくらの名所50選』にも選ばれるほどの見応えです。県内ではヤマザクラをこれほどまとまった形で見られる場所は他にはありません。ヤマザクラは、ソメイヨシノと異なり派手さはありませんが、城跡にふさわしく落ちつきのある桜を楽しめます。
また、5月の最終日曜日には、松倉城跡「入場の門広場」にて”戦国のろし祭り”が開催されます。

【松倉城跡の構造について】
城山の中腹、鹿熊集落側には大見城平(城主の屋敷跡と考えられる)と呼ばれる幾つもの平坦面と出入り口部には石組の門が築かれています。本丸・二の丸の曲輪間の空掘や大見城平では、発掘調査が実施され、当時の生活道具などが多数出土しました。

基本情報

所在地 富山県魚津市字城山3-2
TEL/FAX −/−
開催時期・時間
交通アクセス情報あいの風とやま鉄道魚津駅より 車で40分
魚津ICより 車で20分
文化財指定など富山県指定文化財 史跡
施設・設備
駐車場ありトイレあり撮影スポット補助犬同伴可ペット同伴可
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献
記録・ランク
調査対象者
取材元
調査日 2012年1月27日
調査担当者 梶谷由樹
その他特記事項

まめ知識

【越中三大山城】
松倉城、増山城(富山県砺波市 新保氏の居城)、越中守山城(富山県高岡市)で越中三大山城といわれています
【太平記】
松倉城が初めて歴史の本にでてくるのは南北朝時代歴応元年(1338)「太平記」に越中の守護であり普門俊清(ふもんとしきよ)が松倉城に逃れてきたと書かれているものです
【松倉城主】
越後の長尾氏(後の上杉氏)が攻めてくると、松倉城主の椎名氏はある時は味方になり又ある時は敵になり松倉城を守りました。世渡り上手でしょうか!?

関連情報