• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 自然 景勝地

沌滝
マイナスイオンがふりそそぐ

鈍滝メイン画像1

その他の写真

沌滝1
沌滝2
沌滝3
沌滝4
沌滝5
沌滝6
沌滝7
沌滝8
沌滝9
沌滝10
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

沌滝は、富山県が選定した「富山の滝」にも選定されている滝で、片貝川支流の渓流が、岩苔の鮮やかな緑の中を流れ、3段約25メートルの段瀑(段々に分かれて落下する滝)で周囲の緑に囲まれたやさしげな滝です。
この沌滝の周辺は、樹齢数百年に達するトチノキ林に覆われ、気軽なハイキングコースとして訪れる人も多い場所です。

■滝の形態  段瀑(段々に分かれて落下する滝)
■滝の落差  25m

片貝川上流平沢地区を過ぎ沌滝への林道を遊歩道に入り進みます。
林内には多様な植物が生育し、ルイヨウショウマや着生シダのシノブなど貴重なものも見られます。

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

遊歩道を滝見台と反対方向へ登っていくと滝の上部に出られます。その途中に、風穴(ふうけつ)という岩穴があり、夏でも冷たい風が吹き出しています。滝壺へ行く途中には、水量が多いと橋がない為、川面の石を踏み飛びしたり、沢渡りするところや倒木もありますので、長靴などの準備が必要です。

昔、沌滝周辺の森を伐採したところ、村が雪崩に襲われたため禁伐林になったと言われています。

基本情報

所在地 片貝地区平沢の上部
TEL/FAX −/−
交通アクセス情報魚津ICより 20分
あいの風とやま鉄道魚津駅より 30分
文化財指定など県選定 富山の滝37選のひとつ
施設・設備
撮影スポット体験できる
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献
記録・ランク
調査対象者
取材元
調査日 2012年1月30日
調査担当者 梶谷 由樹
その他特記事項

まめ知識

【落差】
滝だけは25mですが、滝壺かあらその下流にも渓流が続き約100mほどの長さになり、それ以上の落差の充実感を味わえます
【裏!】
裏沌滝もあるんです?!
【沌滝周辺】
沌滝周辺の洞杉や蛇石の自然資源もいっしょに楽しめます!

関連情報